ソフトテニスの前衛、後衛。上手くなる練習方法やコツって?

ソフトテニスが全然うまくならない…。

中学や高校の部活で毎日真面目に練習しているのに思ったように上達しないことをお悩みの方も少なくないでしょう。

ソフトテニス上手くならない

結構人と比較してしまったりっていうのもありますしね。

この子センスいいな…とか思ったり。

ソフトテニスは適切に練習を積み重ねることによって確実な上達が見込める競技といわれています。

つまり練習や努力が実力に反映されやすいスポーツということ。

できる限り遠回りしないように、効果的な練習を積み重ねたいところです。

テニスコート

ものごとの成果が表れる過程は二次曲線を描きます。

努力や練習はある程度の積み重ね期間を経て、グッと伸びる時期を迎えることができます。

それまで諦めずに。地道な努力を続けることが必要なんですね。

ソフトテニス経験者の色んな人の声や口コミ情報を掲載しています。伸び悩んでいる人に。ぜひ参考にされてみてください。

 

随時更新。上手くならないのはなぜ?経験者の声をご参考に!

とにかく基本を徹底的に。

上手な人の真似をする。

自分よりレベルの高い人と練習する。

 

ソフトテニスを最初に始めたころの楽しさを忘れない。

人と比べない。

 

目標というか意識を持って練習する。

サーブやレシーブ練習でも自分のレベルに合った決め事を作って練習に取り組むとか。

 

ソフトテニスは素質やセンスよりも練習の量が実力に結びつく競技だと思います。

 

中二でキャプテンを務めています。

今ソフトテニスに夢中といった感じです。

毎日練習に明け暮れています。

母にはいい加減にしなさいよ、なんて言われるほど。

僕が上達したきっかけがあります。

それは本と動画教材です。

本ももちろん読むだけではだけで、何度も読んで解釈を深めたり、実際に練習に取り入れてたり。

動画はすごく参考になりました。

何度も見ることで、イメージをつかむことができます。

真剣に継続して取り組めば、必ず実力ってつくんだな…って実感しています。

 

練習が終わって家に帰って、夜ソフトテニスマガジンとかを読んで気付きがあれば、ノートに書いておきます。

そして翌日の練習で反映したりということも。

 

前衛で大切なこと。

あまり細かく動くのは良くないでしょう。

前衛で非常に大切になってくるのは駆け引きです。

技術面を補って余るほど大事かと。

フェイントを使ってミスを誘ったり、チャンスを広げたり。

無駄な動きをせずにポジションで相手にプレッシャーをかけたり。

ポーチをいれたり。

 

上手い人を見ること。

また一流選手の映像を何度も観て、イメージを叩き込んだり。

さらに自分の動きを動画にとって確認、上手い人とどう違うかをチェック。

 

部活で部長を任されているなら、部全体のことを考えることが大事ですよね。

部員たちの上達のために自分が何ができるか。

その結果として自分自信のレベルアップにつながるかと。

 

メンタル、技術、体力。

毎日コツコツ練習するしかないでしょうね。

自分を信じて。

なんでもそうですが、なかなか結果に結びつくまでに時間がかかります。

でもある時を境にグッと成長する時が来るんですよね。

二次曲線の法則です。

やっぱり、粘り強く諦めないことでしょうね。

 

練習ノート。

練習内容、時間。

感じたことなど、具体的に書きます。

また自分より上手い人の練習内容も。

例えば、フォームについて、足の動き、ラケットの使い方など…参考になることをメモします。

盗みます。

あとは逆に自分が後輩などに指導した内容も記しておいたり。

 

ソフトテニスマガジン。

強い学校の練習のやり方など、色々掲載されています。

 

素振りはすごくやった方がいいです。

上手い人の真似をして素振りすると上達への近道かと。

 

技術的に負けていても、気持ちで負けない意識。

相手より大きい声を出したり、ミスをしても顔に出さない。

 

ソフトテニスは奥が深い競技ですよね。

ペア、前衛、後衛、ボジション、戦略、駆け引き…。

 

今、中二です。

部長を務めています。

前衛です。

上手くなりたいのですが、真面目に練習に取り組んではいるのですが、壁を感じています。

 

前衛は、ボレーの技術なども大事ですが、立ち位置、ポジションが大事です。また動きを入れたりすることも。

ポーチのふりをしたり。

チャンスが広がります。

前衛は駆け引きもありますし。

 

センスとかカンのいい人っていますよね。

でもずっとその調子では無理です。

練習の積み重ねによる地力には到底適いません。

 

やっぱりDVDなどの動画教材を見てのレベルアップもおすすめです。

根強い人気のDVDがあります。

こちらのソフトテニスが上達する!【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組とか熱いかと。

実践してみて上達しなかったら商品代金を返してもらえる保証もついていますし。

名指導者である先生にメールで直接相談できる特典も大きいです。

 

いつもの練習でミスをしないことを心がけて練習したいですね。

練習を試合のつもりで挑むことです。

 

相手のウィークポイントを見つけてそこを狙う。

意外なことをする。

1ポイントを取る事を大切にする。

 

素振りはすごく大切。

体が自然に正しく動くまでしみこませましょう。

サーブ、ボレー、ストローク。

毎日100回やっても数カ月はかかると思います。

 

ファーストサーブは速く打とうとするより、確実に入れることを意識したいです。

また高い打点から打つことを意識して。

 

ボレーは、力を抜いて。

打点を前に。

 

ソフトテニスマガジンとかもありますよね。

色んな情報が載っています。

トップ選手の練習方法、食事や筋トレ方法など。

またフォームなどもイメージを焼き付けたり。

参考になります。

 

右側の吹き出しです。しゃべっている人のアイコンは画像に変えられます。

 

とにかく基礎を大切に。

 

サーブはある程度の速さで確実に入れることを念頭に置いて練習しましょう。

 

ユーチューブを見たりも。

今ならインターハイやインカレなどの動画もアップされていますし。

無料です。

その中で自分に取り入れたい動きなどがあれば、繰り返し観ましょう。

覚えるほどに。

そしてその人になったつもりで練習に取り入れたり。

 

練習は意識によって全く結果が違って来ます。

ただ何も考えずこなすだけと、実際のシーンを想定して打つのでは上達の度合いも違って来ますし。

 

調子が悪い時に意識すること。

脇を絞める、フォームをコンパクトに。

ミスにつながるような無駄な動きしないように。

膝を曲げて、腰を落とすこと。

ラケットにボールが当たる瞬間、打点をよく見ること。

ボールに力を伝えるための後ろ足からの体重移動。

 

イメージって大事だと思います。

国内トップ選手のプレーの映像を目に焼き付けるほど見たり。

自分より格段にレベルの高い人と一緒に練習ができるとかすごく恵まれているかと。

 

中ロブを取り入れたり。

シュートに緩急をつける。

 

前衛で一番大事なことは、立ち位置。

ポジションです。

その上で、ボレーの技術を体に染み込ませたいです。

 

前衛って難しいですよね…。

僕がやっていることは、今まで学んだ攻撃パターンを頭に置いてそれに合わせて動くということを心がけています。

 

トスをきれいに上げれるように。

サーブの素振りをして体にしみこませる。

打ちやすいトス、手の振りを確認しながら。

前衛は反射神経も大事ですよね。

ボールの動きをよく見る、その上で体、腕を動かす。

速いボールは当てるだけでいいですし、チャンスボールは確実に自分のものに。

乱打で重要なのはコントロール。

自分が思う場所に打てる練習をする。

コーンなど目印を中てて練習するといいですね。

ラケットにたくさん触れる。

素振り。

自主練も大事です。

場所がないなら、壁打ち。

フォームや当てる場所を意識しながら。

 

練習中の意識で伸びが全然違うと思います。

練習前の準備。

今日はどんな練習にするか、今日の目標。

練習ノートつける。

練習中、集中する。

先生など人の話をよく聞く、人のプレーを見る。

練習以外の時間も自主練、イメージトレーニングをする。

 

上手くならない?こちらの鉄板教材をチェックしてみてください。

短期間で確実なレベルアップがのぞめるDVD動画教材

上手くなる

信頼のスペシャル特典付き

返金保証

DVDの内容を実践しても上達できなかった場合、商品代金を返してもらえます。購入日より180日有効な権利です。つまり約半年かけて本当に購入するか決めることができます。

個別メールサポート

分からない所、悩み、相談などをメールで!名指導者である監修者に直接指導してもらえる権利付き。ソフトテニスに関することなら何でも!180日間、回数無制限です。

→ ソフトテニス上達に!【文大杉並高校ソフトテニス部監督 野口英一 指導・監修】DVD3枚組

 

コメントは受け付けていません。